死ぬこと以外かすり傷 ( ̄▽ ̄)

死ぬこと以外かすり傷 ( ̄▽ ̄)

“普通”じゃない人生、せっかくだから役立てようと思います 笑

パニック障害と闘うあなたへ。当時やっていた外出時パニック発作対策

f:id:miyakokara:20170423121829j:plain

パニック障害と必死に闘っているあなたへ。外出時のパニック発作に不安を抱えていませんか?

 

私はいろんな病気を経験してきましたが、その中にはパニック障害もあります。外出時はもちろん、家の中でも起きるレベルで、本当に日常生活ができなかった。外に出られなかった。

 

ここでは、当時私が外出時のパニック発作に備えてやっていたことをまとめます。あなたが外出時のパニック発作に悩まされているなら、もしよかったら一度やってみて欲しい。

 

薬を持ち歩く

なにを当たり前のことをと思われるかもしれません、ごめんなさい。でも、持っているだけでかなりの安心材料になります。

 

中には、薬を持ち歩くことに恥ずかしさや後ろめたさを感じる人もいるかもしれない。でも、それはあなたが前向きに生きよう・立ち向かおうとすることを助けてくれます。

 

薬に依存してしまうことは良くないけれど、力を借りることでかなり楽になる部分はあります。おまもりとして持ち歩きましょう。

 

実は私も最初は薬を毛嫌いしていたタイプです。(元看護学生でもあるので、薬の副作用や依存してしまうのではないかという不安、そして変なプライドからです。)

 

そこで私は当時、好きなデザインのピルケースやぽち袋などに入れて持ち歩いていました。自分を明るい気持ちにもって行く作戦です(笑)今はかわいらしいデザインのものが100円ショップでも手に入ります。薬と上手く付き合っていきましょう。

 

携帯型 ピルケース キーホルダー シルバー ニトロ 薬入れ 千錠 生活防水ケース (2個セット)

 

送料無料 [ナピスト]Napist サージカル ステンレス メディカル カプセル ピルケース ネックレス 60cm 予備の防水 Oリング 付 シルバー

 

 

↑個人的にすごく惹かれたので紹介。キーホルダーやネックレスタイプのピルケースだそうな。なにこれめっちゃおしゃれやん。こんなんあるん。

 

マスクをつける

なんというんですかね、覆われている感とでもいいましょうか。マスクをすると、不思議とそこまで酷い発作を起こさなくなりました。

 

パニック発作が不安になるときって、なんというかすごく心もとないというか、落ち着かないんですよね。頑張って「えいや!」って外に出ても、人ごみの中にいると途端に心臓がバクバクしてくる。

 

おそらく、人の視線を過剰に感じてしまうのかもしれません。なんというか、視線の圧迫感といいますか、すごく苦手。顔を物理的に覆うことが、安心感につながるのかもしれませんね。

メディコム セーフマスク プレミア ホワイト 2014M(50枚入)【セーフマスク】[セーフマスクプレミア メディコム 50枚 花粉対策]

 

 

↑こういう大きなやつをひとつ買っておいて家にストックしておくと安心です。私も当時、安いのを箱買いしていました。

 

自分の好きな香りを持ち歩く

これは私が匂いフェチということもあるかもしれませんが(笑)自分の落ち着く香りをひとつ持っておくのはおすすめです。

 

マスクの理由と同じですが、外出時の心もとなさがかなりましになりました。自分の好きな香りがはっきりとしているのであれば、それを持ち歩くのはもちろん、自分の持ち物に軽くかけておくとよいですよ。(あまり強すぎると周りの迷惑になるのでそこは注意です)

 

自分の好みの香りが分からないという人は、リラックス効果のある匂いを試してみてはいかがでしょうか?

こちらはアロマオイルのサイトですが、読みやすくて参考になるのでよかったらどうぞ

aroma-guide.net

 

トイレの場所を確認しておく 

強烈なパニック発作時は、その場で動くことができなくなります。そうすると人が集まってきます。そうなるとほんと、恥ずかしいやら情けないやら申し訳ないやらで余計に焦るんですね、それで余計に発作が酷くなってしまう(^_^;)

 

「大丈夫か!?」と聞かれても答えられないし、それもまた申し訳ないしで。相手は親切心でしてくれていることですしね。

 

だから、やばいと思ったら動けるうちにトイレに駆け込む。そして個室で落ち着くのを待つ。これは本当にお勧めです。

 

いきなり強烈な発作がきて避けられないときもあるけれど、「あ、来る」と分かるタイプの発作もあったので、そのときはトイレにかけこんでいました。

 

「発作が起こったらどうしよう」ではなく「発作が起こればトイレに駆け込めばいい」

こう思っていると安心感がかなり違います。

 

共通するのは「いかに自分を安心させられるか」

パニック障害「また起きたらどうしよう」という、不安が一番のトリガーになります。

 

だから、自分をいかに安心させられるかがとても大事。ここでは私の当時やっていた対策法をまとめました。もし良かったら試してみてください。

 

あと、絶対に自分を嫌いにならないこと、責めないこと。

前向きに頑張るあなたを応援しています。どうか、負けないで。

 

 

パニック障害なんてこわくない!新装版 [ ベヴ・エイズベット ]