死ぬこと以外かすり傷 ( ̄▽ ̄)

死ぬこと以外かすり傷 ( ̄▽ ̄)♪

明るく楽しく自由気ままに♪

子を思う親の愛に泣いた

こんなショートムービーを発見。ボロ泣きしてしまった(;_;)

 

2013年のものなんだけどね、よかったら見てみて。

 

※ゾンビの話なので少しグロいシーンがあります。

 

ほぼセリフは無いから、英語が苦手でも大丈夫だよ〜(о´∀`о)♪


絶望の中の希望

自分は助からないことと、愛する人(我が子)を自分が傷つけてしまいかねないこと。

 

自分にはどうしようもできない確定事項で、絶望だよね。

 

だけど、愛する人(我が子)を守りたいっていう気持ち。これは自分次第でどうにでもなる。「どうすればいい?」「助かる方法は?」「どうしたら守れる?」って希望を探し続ける。

 

絶望の中でも、決して希望を捨てていないの。


素敵すぎるぜお父さん

オニク〜♪を拾って棒で吊るすシーンがあるけど、この方法は凄いよね。(鼻先にニンジンをぶら下げた馬みたいだけど←おい)

 

自分が自分じゃなくなってしまっても、

  • 我が子を襲わずに済む(オニク〜♪に意識が向くから)
  • ひたすら前進することができる(オニク〜♪につられて歩くから)

 

さらにお父さん、自分の手も縛ってるの。我が子を傷つけないように。

 

思い切りと潔さと賢さ、このお父さん、めっちゃかっこいいよね…。


切なすぎる…

最後、風船を見ても、もうお父さんはそれがなんなのか分かってないんだよね…。

 

このシーンも、もう切なくて切なくて(;ω;)

 

風船で子供をあやすシーンも見たから余計に…。


ラストがまたいい

ラストでね、無事赤ちゃんは助けられたんだけど、後ろでお父さんが埋葬されてるの。

 

最初撃ち殺した時、二人の男の人はほっとこうとしたでしょ?

 

でもお父さんが「我が子を守ろうと必死に戦ったこと」が分かったから、葬られてるんだよね。ゾンビとしてほっとかれるのではなく、人として尊重されてさ。


愛は見返りを求めない

“愛”って本来は“見返りを求めないもの”なんだよね。与えてばかり。

 

ただただ、「守りたい」「大切に思う」っていう気持ちが愛。

 

大げさかもしれないけれど、これって究極の愛だなぁと一人泣きながら思った(ノД`)

 

いやぁ、私の「親」にはこのお父さんの爪の垢を煎じて飲ませたいと思ったよ。…ゾンビになるけどw

 

 

ちなみに、オーストラリアの「TROPFEST 2013」(TROPFESTは世界最大の短編映画祭)でファイナリストに選ばれた作品らしい。納得!(о´∀`о)